スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iOS6における画面の回転処理

ここ最近、あまり更新できる内容がなかったのですが、iOS6になってから色々と変更が増えていたのでメモ。

画面の回転(UIInterfaceOrientation)処理ですが、iOS5.1以前は
UIViewControllerメソッドの

- (BOOL)shouldAutorotateToInterfaceOrientation:(UIInterfaceOrientation)interfaceOrientation

を使用していましたが、iOS6.0になってからこのメソッドを使っても動作しなくなりました。

iOS6では、UIApplicationDelegeteのメソッドを利用します。

例:


上の例ではg_RotatePatternというグローバル変数を用意して、各UIViewControllerの[ (void)viewWillAppear:(BOOL)animated ]メソッドでg_RotatePatternの値を変更することで特定のビューだけ縦画面、横画面といった対応ができるようになります。

多分、もっと簡単な方法があるかもですがとりあえずUPしときますw
iOS6になってから色々変更点が多いので、そこら辺をもうちょい調べたいなぁ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。